京都で暮らしたい
外国人住まい提供をしています
 
 
京都の街でたくさん外国人を見かけませんか?
 
観光客だけではなく、「文化都市・京都」で仕事や語学留学で
お越しになる外国人が増加しています。
 
しかし、まだまだ外国人の方が簡単にお部屋を借りれる時代ではありません。
 
・海外から外国人技術者を招致する企業担当者様
・安定した居住を確保したい語学学校の担当者様
 
ネイティブレベルの語学力を持つ専任のスタッフが
御社の問題を解決いたします。
 
 
 
 
外国人向賃貸事業とは
 
京都で暮らしたい外国人会社員や留学生は、増加傾向にあり、少子化に向けて市中の大学、大学院も留学生の獲得に動いております。しかしながら、お部屋を借りる事は容易くありません。
 
例えば、連帯保証人。この問題は保証会社で安心できても、入居者とのコミニケーションに不安が残ります。「ご近所・マンションのルール」を守って頂けるのか、日本語が話せない方とコミニケーションをどうしたらよいのかといった不安から、空室があっても入居をお断りするケースも多くあります。お任せの管理会社に語学対応が出来るスタッフが居なければれば、優良企業社員や大学院生であってもお断りする事も少なくありません。
 
我々は、語学留学生を中心に約10年、お部屋を借上げ自らが貸主となってお付き合いをしてきた実績があります。
 
 
サブリース形式や管理賃貸形式によって、オーナー様の入居率の安定化に繋がるご提案を致します